MicroSDカードの選び方

基礎知識

1、microSDカードの種類

microSDカードの表面にはロゴが記載されています。これはSDカードの規格を表すものです。購入時にはあまり意識する必要が無いため、どのような種類があるのかだけ抑えておきましょう。

規格ロゴ特徴
SDmicroSD最大容量2GBまで。ファイルシステムはFAT12 or FAT16に対応。
SDHCmicroSDHC最大容量32GBまで。ファイルシステムはFAT32に対応
SDXCmicroSDXC最大容量2TBまで。ファイルシステムはexFATに対応。

※要するにSD カードの容量に関する規格だと考えてください。現在の主流はSDHCもしくはSDXCです。

2、機器との互換性

microSDカードには「microSD/microSDHC/microSDXC」の3つの容量規格があり、ホスト機器によって使えるカードの種類が異なります。Micro SDカードを選ぶときは、まずホスト機器の仕様をご確認ください。

大きな違いはデータ容量で、「SD」<「SDHC」<「SDXC」の順に容量が増えていきますが、JNH製micro SDカードにはSDHC、SDXCの2種類の規格だけがあります。お使いのデバイスが対応するかを必ずご確認ください。

3、スマホ以外のデバイスでもmicro SDカードが大活躍!

スマホやタブレットPCなどに使われることが多かったmicroSDカードですが、最近ではポータブルゲーム機やアクションカメラ、さらにはドライブレコーダーなど、さまざまなデバイスへ用途が広がっています。

選び方

microSDカードを選ぶ際のポイントとしては以下の4点です。

1、容量で選ぶ

カメラからゲーム機やICレコーダーまで、デバイスや用途にあった容量のカードを選ぼう!

2、スピードで選ぶ

A、スピードクラスとビデオフォーマットの対応関係

B、アプリケーションパフォーマンスクラス

「アプリケーションパフォーマンスクラス」はmicro SDカード内に保存したアプリの起動や実行に最低限必要な処理速度を定義しています。スマートフォンやタブレットのアプリ向けに策定された規格です。アプリケーションパフォーマンスクラス対応のmicroSDカードを使うことによって、アプリの実行が滞ることなくサクサク快適におこなえます。A1(クラス1)とA2(クラス2)があります。

A1・A2ともにシーケンシャルは10MB/sなので要求速度は速くありませんが、ランダムのリードライトでこれだけの数値を満たすmicroSDは少数に限定されます。特にA2の最低処理速度はハイスピードなので、製品が発売されたとしても非常に高価。あるいは上位製品に限定されることが予想されます。

3、機能(耐久性)で選ぶ

microSDカードはデータの保存だけではなく、メーカーにより独自の機能がついている物がありますが、 一番重要なのは耐久性です。耐久力のある物は、防水性・耐衝撃・耐温度に設計されています。せっかくの大切なデータが消えてしまったらいけないので、耐久性のあるmicroSDカードが良いです。

4、安心感と価格のバランスで選ぶ

ネットで購入する場合、商品名に「バルク品」、「国内正規品」、「並行輸入品」と記載されている物があります。

電子製品について使用環境、使用方法及び使用頻度などによってパフォーマンスが変わる可能性があります。価格の安さだけを重視する企業様にはバルク品(簡易包装 )が人気です。長期保証をご希望のお客様には国内正規品を選ぶのがお勧め、「国内正規品と全く同じならば、価格が安い方が良い』という方には並行輸入品を選ぶのがお勧めします。弊社では取り扱っている並行輸入品はすべて3年以上の保証を提供しますので安心してご利用ください。

Copyright © 2019.JNH Co.,Ltd. All rights reserved.