SSDの選び方

SSDとはSolid State Drive(ソリッドステートドライブ)の略で、コンピューターのストレージコンポーネントで、HDDと似ていますが、きわめて高速で信頼性に優れています。SSDはフラッシュメモリを使用してほぼ瞬時の起動とロード時間を実現します。HDDのようにスピニングプラッター上で機械的にデータを探す必要がないため、ほぼ瞬時にデータにアクセスできます。 SSDの採用はPCのアップグレードや拡張に有効な手段です。HDDよりも静かに高速で動作できるだけでなく、衝撃に強く、消費電力が少ないので、モバイル機器と相性の良いソリューションです。 HDDをSSDに換装したり、PCにバックアップSSDを取り付けることで、設備を最新のものに入れ替える必要なく、処理スピードやアクセスタイムの改善が期待できます。

SSD のメリット

  • 衝撃に強く、発熱、消費電力が少ない
  • 読み書きの速度が非常に速い
  • 作動音がない
  • HDDよりサイズが小さく、軽い
  • 形状が様々で、PC の小型化に寄与している

インターフェイスで選ぶ

SATAとはコンピューターにハードディスク、SSDや光学ドライブを接続する為のインタフェース規格です。2010年時点において、SCSIやパラレルATAに代わって主流となっている記録ドライブの接続インタフェース規格であります。

デスクトップにも従来のノートパソコンにも対応していて、対応汎用性が高いです。

M.2とはコンピューターの内蔵拡張カードのフォームファクタと接続端子について定めた規格で、M.2はmSATA(英語版)の後継として開発されました。機能性に優れ、カードの幅や長さについてもより柔軟性を持つことから、SSDやそれを組み込むウルトラブックやタブレットコンピューターなどの小さいデバイスに適した規格とされています。

M.2は本質的にはSATA Expressの小型版といえます。M.2の提供するバスインターフェイスは論理的にはSATA Expressの上位互換で、SATA Expressの持つPCI Express 3.0とSATA 3.0との互換性に加えて、USB 3.0との内部互換性を備えています。M.2端子には一つ以上の切り欠きがあり、組み合わせで機器のタイプを示します。

転送速度が大幅に向上しますが容量あたりの価格が割高なため、自社オリジナル製品を開発中です。もうしばらくお待ちください。

容量で選ぶ

品質保証

最大限の品質保証ができるよう、弊社では振動、温度、湿度、スピード、機能についての厳格な試験を実施しています。安心の5年間限定保証を提供します。

製品仕様

容量500GB/250GB
ユーザー領域(約)466GB/233GB
シーケンシャル読み取り(最大)550MB/s
シーケンシャル書き込み(最大)500MB/s
フラッシュ3D TLC NAND
外形寸法100×69.85×7mm
フォームファクター2.5インチ
インターフェースSATA III 6Gbps
動作温度0~70℃
動作電圧5V±5%
耐衝撃性1500Gまで
TRIMコマンド
S.M.A.R.T.
DEVSLEEPモード
保証期間製品パッケージに記載されていることに準じます。保証サービスを受ける際にはご購入日と注文情報をご提示いただくことが必要になります。
注記転送速度はホストのハードウェア、ソフトウェア、使用方法、ストレージ容量等によって異なる場合があります。

Copyright © 2019.JNH Co.,Ltd. All rights reserved.